芸術性理論研究室
Metaforce Iconoclasm
[HOME]

[コラム] 08.06.2009

歩行映像について [1/2]
ayanori [高岡 礼典]
【 頁:1: 2

 地の存在に気付き、球の上を転がる人は、生ある限り「移動」から免れることがありません。心から臨み在る存在であるにもかかわらず、それは私達の生活に多大なる労働を強いり、苦しめ悩ませます。移動しなければ、食を手にすることも、愛しい人を抱きしめることもできません。そこで、このコラムでは、私達が足を使用して移動する際の苦を和らげる偽法をひとつ用意して、視覚映像の「エッジ」を確保したいと思います。

 生活者が自らの移動・座標変位を感じ取る大きな情報として視覚情報にある背景のスクロールがあることは述べるまでもありません。遠景はゆっくりと、近景はせわしなく、移動方向とは逆の方向へ向かって退いていきます。そこには移動する者と同じ速度はなく、外挿する能力を持っている概念者でなければ、対自的に自己を知りえない面白さがあります。自己と等速で移動する隣人は、まるで静止しているのかのごとく知覚され、自己そのものを反射してはくれません。私の行為がなければ知覚されえない遷移情報内のどこを探しても「私」は見つからないため、視覚に頼った移動描写は自己不在を位相化して、不安を募らせます。

 森の中を彷徨う時、木々の姿が視認できる距離に山々を位置付け散策する時、自己の移動速度に反応するかのごとく「面」を変えていく木々・葉の姿は、ひと昔ふた昔以前のゲームやアニメーションが利用していた二重スクロールを、はるかに凌駕しています。葉の一枚一枚が煌めきを変えながら、木々一本一本が固有の座標軸を保ちながら後退していく、数えきれないほどの多重スクロールは、多くの構成要素を秩序付ける連動の美しさを観られる反面、自己の存在所有と移動占有の間にあるディレンマに気付かせます。あの輪郭の流れ変わる姿・形は、「私」だけの映像であるにもかかわらず、 ─映像であるが故に─ 無謬のコギトを存在証明できず、構造空間内で喪失して、苦しさだけが纏いついてきます。

 その苦は「私」の移動を阻もうとするものの、目的論的な行動規範にある者にとって未到着の場合、それは行動停止の因にはならず、耐えながら「私」は歩行を継続していかなければなりません。すると「苦」は ... >>次頁へ続く

【 頁:1: 2