芸術性理論研究室
Metaforce Iconoclasm
[HOME]

[コラム] 08.27.2009

輝く闇の前景 [1/2]
ayanori [高岡 礼典]
【 頁:1: 2

 「輝く闇」とは、視覚を兼備している健常者が、光を没した状況下において現れる四感世界の中で、本質的に視認できない触覚情報が主格を担っているのかのごとく際立ってくる場面を形容してのタームなので、それ自体が前景性を帯びています。外光のある環境内で、対象を把持する「灯る闇」同様に、触覚は視覚的批判の下には、「第一前景」とでも呼ぶべきものを絶対的な強度によって圧してくるので、どちらも前景であることには変わりないのですが、背景なき「輝く闇」は少し趣が異なるように思えます。述べるまでもなく、光源なき環境では、視覚による先取・予料が不可能なので、動きは「ゆるやか」になり、接触は視認に対する情報の付加を意味しなくなるので、視認・理解ではなく、「何か」との初めての出会いになります。汗ばむ肌も、からむ指先も、触れる瞬間までは知覚すらできません。ひっそりとゆるやかでありながらも、絶対的なインパクトを伴って現れる。それが「輝く闇」の第一印象です。

 触覚に限定した世界を実際に体験しようとする試みは、簡単なようでいて、なかなか上手くいきません。視覚の恒常性は至極柔軟にできているので、太陽も月もない夜であろうと、たったひとつの星の明かりですら、影を落としてしまいます。カラーの現像ができるほどの暗室を一般的な母屋に用意するのは大変な重労働ですし、目を閉じる程度では目蓋越しに幻像を捉えてしまいます。そのため「触覚世界」は「目をつぶす」といった、想像による理論描写にとどまってしまい、いつも描ききれない「何か」が残るので、このコラムでは「輝く闇の前景」といったシステム/環境的な形容を設定して、無理に「何か」を引き出そうとしています。

 果たして、「触覚世界」における環境とはどのようなものなのでしょうか。そのランドスケープは ... >>次頁へ続く

【 頁:1: 2